口内環境が最悪だと病気になるケースの末路?

口臭ケア

全身の健康には、みなさん気を付けていますよね。

体脂肪や体重、血圧や糖尿病、コレステロールなどなど。

全身の中でも意外と注目していない部分があるんですね。

その部分が「口内環境」。

現代人は、とにかく忙しいので定期的に歯医者など行けません。

では、多くの方はどうしているか?

市販の洗口液(マウスウォッシュ)や歯磨きの回数を増やす、

歯磨き粉を高いのに変える、などなど。

果たして、日々の口内環境は健康でしょうか?

口内環境を怠ると病気になる?

人間は1日を通して、何かしら口に入れます。

水分やお菓子、食事などですが、食べた後、毎回歯磨きをしたり

マウスウォッシュをするという事は、中々難しいですよね。

食べたままにしていると、食べかすから次第に歯周病菌が発生。

口内環境が最悪もしくは怠った状態だと、その菌が血管から

入ってしまうことに。。

血管は全身につながっていますので、ゆっくりとカラダ全体をめぐって

頭から心臓、足や胃などあちこちから病気を引き起こす原因にも

なりかねないようです。

 

口内環境をケアする対策は?

食べた後は、必ず歯を磨くのが理想ですが、歯磨きしても実は、

80%も口の中に残っているという研究結果が出ているとのこと。

 高い歯磨き粉を買うのも良いですが、日々、簡単にケアできて

予防もできるオススメできるのが、

医薬部外品のマウスウォッシュ。

オススメの薬用マウスウォッシュはコレ

 マウスウォッシュもピンキリです。

きちんとしたモノを選ばないと、使ったすぐは、良いのですが、

すぐに効果が消えてしまいます。

ただ、本人はマウスウォッシュしたぞ!と満足しているのですが、相手からすると

嫌なニオイを感じるわけです。

このような相手と自分の温度差を解消するためにも、薬用マウスウォッシュで1回たった10秒ケア対策していけば、徐々にお口の中の環境が健康な状態へ保たれ、

病気予防から口臭対策まで効果が期待できるのです。

自分のカラダをするなら、まず口内環境からはじめましょう。